会社概要

 

会社沿革

1987年
資本金80万円で会社設立。
クライアント・サーバ型システム構築基盤パッケージのクライアントアプリケーションとミドルウエアの研究開発を受託。(大手通信会社より)
1999年まで開発継続。顧客社内3万端末インストールを実現。維持管理継続中。
1989年
DBMSの日本語移植作業を受託。
1992年
コピー機メーカより図書管理システムのユーザインタフェース開発を受託。
2003年まで開発継続。国内大規模大学図書館で利用。
1995年
資本金を2855万円に増資。
サーバサイドスクリプト機能搭載のWebServerの研究開発を受託。(大手通信会社より)  1999年まで開発継続。パッケージとして流通。維持管理継続中。
1997年
遺伝子配列の編集・加工・可視化の取り組み開始。
1999年
遺伝子配列データベース「AssEST」の販売開始。
2000年
「AssEST」大手製薬会社と契約。
農林水産省補助金採択(イネゲノム仮想転写配列データベース)。
経済産業省補助金採択(ヒトゲノム仮想転写配列データベース)。
仮想転写配列データベース「VTS-Express」販売開始。
イネ仮想転写配列データベース「VTS-Express Oryza」販売開始。
ファンコミュニケーションズ様「A8.net」の初期アフィリエイトシステム開発の受託。
次世代遺伝子発現プロファイル法:HiCEPを共同特許出願。
2001年
食品産業センター補助金採択(HiCEP解析システムの確立)。
2002年
HiCEP技術を基盤とするメッセンジャー・スケープ株式会社を設立。
中小企業基盤機構 F/S補助金採択。
「AssEST」のゲノムマップ版の販売開始。
「AssEST」大手製薬会社と契約。
Genome refined consensus 特許申請。
2003年
ヒト完全長プロジェクト130万クローンを組み込んだ「AssEST」を開発。
「AssEST」藤沢薬品工業様と協和発酵工業様に販売。
プロテオミクス用仮想アミノ酸配列「HumanPERFECT」販売開始。
SplicingVariant特許出願。
2004年
ワークフローシステムの研究開発受託(大手コピー機メーカより)。
2005年
経済産業省 ゲノム統合データベースプロジェクトに参加。
2006年
資本金を4255万円に増資。
2008年
「SequenceComposer」販売開始。「AnnotationCollector」販売開始。
2009年
JST「先端計測分析技術・機器開発事業」採択(HiCEPピークデータベースの開発)。
2012年
JST「先端計測分析技術・機器開発プログラム」採択(共用実施)。 コンピュータの専門家を必要としない次世代シーケンサWeb解析システムを開発。
2013年
SNVの絞り込みを行うWebシステムを開発。
2015年
NGSを利用したファージディスプレイスクリーニングシステム開発。
2017年9月版